利点と注意点の理解を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ローンを1本化するメリットは、月々の返済負担額の軽減という大きなメリットが見過ごせませんが、同時にその後の返済に際し、結果的にデメリットと捉えられる変化が避けられないのも事実です。これらのバランスを総合的に検証から、果たしてローンの1本化が本当に自身にとってプラスとなるのか否かを、冷静に判断せねばなりません。

ちなみに新たに借り入れたお金で既存のローンを返済するに際しては、各々のローンに所定の利息が加算されています。早期完済でこの利息が軽減される可能性も十分ですが、元金のみの返済でクリアに出来る訳ではありません。更に新たに借り入れた金額に対しても所定の金額の利息が生じ、最終的な要返済総額は大きくなります。更に月々の返済額を小さくすれば、当然完済までに要する期間も更に長くなり、ご自身ご家族のライフプランに修正が必要となる可能性も否めません。

また既に一定金額の借入を抱える状態での新たな借入申請のため、所定の審査の結果、希望額全額の融資が叶わないケースも想定されます。申し込みさえすれば確実に実践出来るとは限らない事も踏まえておいてください。中途半端な借入額を充当し、不完全な1本化未満に抱えるローンの状況を変えてしまっては、結果何のメリットも見当たらぬのみならず、結果更に返済に窮する環境に自らを誘ってしまい、十分な注意が求められます。

複数ローンを1つに

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

計画的に利用しているつもりのキャッシングサービスも、気づけば急な現金の用立てや衝動買いなど、気づけば毎月複数の請求が届く状況となり、引き落とされる金額の確保に窮してしまうケースは珍しくありません。とりわけ住宅ローンや自動車のローンなど、引き落し月額が大きく中長期的なローンを抱えた状況下であれば、家計をより一層逼迫させてしまいます。「せめて月額負担をあと数万円小さく出来れば」と願いつつも、異なる金融業者からの借入と一旦約束した返済方法である以上、それも容易では無いのも現実です。

ですがこうした場面で使える裏技として、別のキャッシングサービスを利用から複数抱えているローンを1本化する方法が見過ごせません。勿論更に借入可能な金額と、その時点で抱えている要返済総額とのバランスなど、幾つかの条件面の確認が必要ですが、新たに借りたお金で返済中のローンを完済してしまえば、直近で借りたお金の返済だけがノルマとなり、月々の負担額を小さくする事が叶います。「まとめローン」などと称され、主に銀行のキャッシングサービスとして利用者を増やし続けています。

こうしたサービスを取り扱う金融機関に関する情報も、インターネット検索で簡単にピックアップ可能な環境が整っており、自身の生活行動圏内の対象となる金融機関を探すところから、お抱えのローンの1本化を検討される事をお薦めします。

賢いキャッシング活用法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

急に現金の調達が必要となった場面など、キャッシングサービスは私達にとって身近かつ簡単そして便利な現金調達手段として、今日確かな市民権を得ているといえるでしょう。多くの方々が日常的に繰り返しこのサービスを、それぞれの目的に応じて利用するライフスタイルが、経済社会の活性化に繋がっているとの見解は、決して間違いではありません。

このキャッシングサービスを、不足分の現金だけをピンポイントで調達から、速やかに返済するスタイルで活用している間は、特に資金繰りに窮する場面も見られませんが、一定以上の金額を複数の金融機関から借り入れ、中長期的な分割返済を続けるとなれば、金利を含めた月々の返済額が、時に大きな負担と感じられる場面が生じて当然です。既に1個人としての無担保借入限度額一杯近くまで借り入れた状態で、限られた定収入の中で生活費や諸費用、そして返済分を確保し続けるのが大変となれば、誰もが月々の返済額を小さく出来ればと考えて当然です。

こうした多くのキャッシングサービス利用者のニーズに応えてくれるのが、複数抱えているローンを1本化するキャッシングサービスです。一旦新たに借り入れたお金で、その時点で抱えている複数のローンを清算してしまい、返済先を直近で借入れた金融機関への新たな返済1本だけにまとめる手法であり、各方面から注目を集めています。ここでは以下、複数のローンを1本化するに際して、ぜひ踏まえておいていただきたい関連知識や注意点をご紹介します。